看護師の仕事

看護師の仕事は、患者の観察、確認、ケアと言われていますが、ここでは一般的な仕事内容について、具体的にご紹介しています。

看護師になるには

NEW TOPICS

看護師になる

看護師資格を取るには、高校卒業後、看護学校もしくは大学に進学し、その後国家試験に合格をしなくてはなりません。

準看護師になる

準看護師になるには、2年間養成所で勉強をした後に、都道府県知事認定の資格試験を受験することとなります。

認定看護師になる

看護師の中でも、特定の分野における熟練した看護技術を有していると認められた者を、認定看護師と言います。

看護師の仕事

ここでは、看護師を目指す人のための、一般的な看護師の仕事をご紹介します。

看護師の仕事の基本は、患者の観察、確認、ケアにあります。

病院勤務の場合なら、患者への問診、検査の説明から検査、注射や点滴、体を動かすことができない患者の食事や排泄の介助、体位交換、身体清浄といったケア、食事の配膳、ベットメーキングといったところです。

訪問看護の場合は、これらを患者宅に訪問して行うことになります。

どれをとっても、非常に体力が必要な仕事ですから、看護師には自身の体調管理も重要となってきます。

また、入院看護を担当する看護師では、その業務は24時間に及びますので、交代制により、夜間看護を担う場合もあります。

このような業務の中で、看護師に求められる要素の一つに、患者の観察があります。

患者の病状の変化や異常に気付く機会が一番多いのが、患者との接触時間が長い看護師です。

患者の命を預かる担い手として、常に緊張を求められる仕事とも言えます。

また、看護師には、医療に関わる医師や保健師、ケアマネージャーなどの連携のための意志疎通能力も求められます。

こうした多忙な業務をこなしながら、同時に医療の高度化、専門化に対応するための、看護技術の向上も看護師には求められていきます。

詳しくは看護師プラスへ。


Copyright (C) www.cheynecreative.com. All Rights Reserved.

看護師になるには